スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『07th Expansion Party 4』 お疲れ様でした!

ryukishi
07th Party 4に参加して、竜騎士07先生からサインをいただきました。
このブログの色には合わない文体のレポートですが、せっかくですし、記念として残しておきたいと思います。


竜ちゃんのサインできる列に毎度並ぶも一度も達成されなかったが、やったぞ!やってやったぜ!!!!!!!!!!!


07th Party 4にて、ファンが並んで簡易的なサイン会になっている竜騎士07先生を見つけたので、
このチャンスにと並んで大好きなベアトリーチェのイラストを描いて頂きました。

イベントではじゃんけんで買った人に好きなキャラクターのイラストを描いてもらえる、という催しがありました。
残念ながらこちらはダメでしたが、もし、「誰か書いてもらえたらどうする?」なんて妄想したりもしました。

これからゲームクリエイターとして頑張っていくために縁寿って言うつもりでしたけど、無理でした!
世界一カワイイ子にしちゃいました。

仕方ないです。なんせ世界一。メディアでゲームが一番好き。ゲームの中で一番好き。その中でベアトが一番なので……。

問題は、こんな自体予測してなかったから、同人誌の訂正の差し込み用紙を居れてきたクリアファイルと、同人誌の中に印刷所がかましてきた合紙しかなかったってことです。

当日の様子を再現すると、
私「あの……どっちが書きやすいですか?!(クリアファイルと合紙を差し出して)」
竜「どっちでもいいですよ。欲しい方に書きます」
私「ごめんなさい……大先生にこんな紙しか用意できなくて……」
竜「じゃ、クリアファイルにしましょう。どのキャラがいいですか?」
私「ベアトリーチェで!」

それで、サインを書いている間に色々と話ができたんですが、

私「うみねこ漫画版完結おめでとうございます」
竜「あれはね、漫画家の先生がすごいんですよ」
私「ヒロインの気持ちに入りすぎて、2週間眠れなかったり、ご飯食べても吐いちゃったり」
竜「それぜひ、夏海先生に手紙書いてあげてください」
私「書きました!手紙とメール両方書きました!アンケートも毎回出してました」
竜「wwwwww」と色々ありましたが、最終的に下に敷いていた雛見沢停留所のパンフを一緒に返しそうになる竜ちゃんと、私が受け取った時にお互い売り物だって気付いてハッ!ってなってました。

その後、物語としてだけでなく、ゲームとして面白かったです。とお伝えしました。
私「ゲームには限界は無いと思いました。こんなに面白くなれるんだ……って……」
色々な思いが胸をよぎって、もっと話したかったし、伝えたい事があったけど、これで良かったのだと思います。

私の前に並んでた人もベアトだったんだけど、そちらの方の方は「戦人があそんでくれないよ!」みたいな可愛らしい感じでしたが、私の方はゲームマスターらしい表情で描いてもらって、じわじわと私の気持ちが伝わったのだと勘違いしてしまいます。
竜騎士先生に、ネットでも、ファンレターでもなく、直接言葉を交わすことで、ああ、私が言いたかったことはこれなんだと教えていただいだような気がしています。

なんにせよ、色々あったけどスッキリしておりまして。
これからもまた、この絵を見る度に前を向いて頑張れるかなって思っております。
うみねこに携わった4年間の集大成にふさわしい思い出が出来ました。

うみねこがここまで私に応えてくれて、こんなゲームに一生出会えるのかって思ってしまいます。
だから自分で作り出すしかない。今はそう思っています。
「ひぐらしは100点満点で120点。うみねこは二兆点」
100点満点で二兆点は難しいのですが、二兆1点を目指して……。
それも難しいですが、一生かければ……。
もう、私の残りの人生の全部ゲームに使うと決めました。
厳密には全部は無理でしょうけど、多くの時間を使って、いつかうみねこを越えるゲームを作ってみたいと思っています。

思えば、TRPGが出来なくなって、どうしたらいいか判らずうみねこを始めました。
ベアトリーチェの「恋が出来ない体」ここに自分を重ねました。
TRPGが好きだったので、ベアトリーチェのゲームマスターという設定に自分を重ねました。
人を信じては裏切られていました。だから、戦人がベアトリーチェの思いにああいう形で応えてくれた事がとても羨ましかったです。

縁寿のように、色々な人のうみねこの話を聞きにオフ会やイベントに出掛けました。
十八のように、最終的にはそれを全てまとめた二次創作を書き、同人誌にまとめました。

皆さんにとってうみねこはどんな作品でしたか。
私にとっては、フィクションとかリアルを超えた、「体験」そのものでした。
全てを終えた今、完結したことで一つの作品として、他の作品と同じになったような気がします。

語る話は尽きないけれど、『魔法』の扉を選んだ私には、やらなくてはいけないことが待っています。
だから、この言葉で締めくくりたいです。
『それではまた、なにかのなく頃に』
スポンサーサイト

電子書籍版「Honeymoon of golden witch」販売のお知らせ

BOOTH通販の期間限定、特別価格のご案内です。
https://umezawareport.booth.pm

2016年4月1日に、電子書籍版「Honeymoon of golden witch」250円で販売開始いたします。

たくさんのみなさんにご好評をいただき本当にありがとうございます。
発売日が八城幾子と天草十三の誕生日、4月1日であるということは、作品の内容と関係している部分も一部ございます。

2014年に最初に無印版を出しまして、2015年8月に漫画版の連載も完結したことで完全版を出しました。
ぜひ、この機会に手にとっていただきたく思います。

また、「Honeymoon」電子書籍版の販売に伴いまして、2016年4月1日〜30日まで、「うみねこタロット2015」1000円で販売いたします。

応援してくださったみなさんに感謝の意味を込めて、特別価格でご提供します。
よろしくお願いします。

『07th Expansion Party 4』に参加いたします

無事終了いたしました。たくさんの方にスペースにお越しいただき本当に感謝しております。
ありがとうございました!

『07th Expansion Party 4(07th Party 4)』に参加いたします。
サークル名は「ウメザワリポート」B4に配置されました。


頒布物は、C88で配布したものと、委託分になります。

■頒布物
「うみねこタロット2015」
うみたろ最終版改
主催を務めさせていただきました。コンセプトは「キャラを当てはまるだけでなく、本格的な占いも出来るタロットカード」です。アンソロジー形式ですので、イラストレーターはそれぞれのカードをご参照下さい。

「Honeymoon of golden witch 完全版」

HOGW2.jpg

このブログでも連載しております、「Hoenymoon of golden witch」の????と、漫画版EP8との考察のすり合わせ、漫画版EP8完結に寄せての総合的な考察を追加してお届けしております。
現状、ここでしか上記の内容については発表しておりません。ぜひ、よろしくお願いします。

※以前、2014年に開催されました07th Party 3で頒布しました「Honeymoon of golden witch」と当時連載中だった漫画版EP8の確定しなかった考察以外は、同じ内容になっております。

以上、精一杯仕上げさせていただきました。会場にお立ち寄りの際には、どうぞよろしくお願いします。

『コミックマーケット88』に参加いたします

無事終了いたしました。たくさんの方にスペースにお越しいただき本当に感謝しております。
ありがとうございました!

『コミックマーケット88(以下C88)』に参加いたします。
サークル名は「ウメザワリポート」日曜日 東地区“P”ブロック-45a に配置されました。

ブログ開設しました

こんにちは。梅沢菜摘(うめざわ なつみ)です。
ツイッターでうみねこについて色々と呟いていましたが、まとまって読めるようにブログを作る事にしました。
よろしくお願いします。
総合訪問者数
プロフィール

梅沢 菜摘

Author:梅沢 菜摘
ツイッターでの考察などをまとめてます。リンクは自由ですが、無断転載はご遠慮願います。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。