スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紗音嘉音問題 出題編まとめ

嘉音の死などの謎について、あまり触れないで来た。まとめて回答するつもりではあったので、ここに回答を記す。

EP1 第五の晩
ボイラー室で、飛び回る杭と戦って嘉音は死亡。第一発見者は熊沢。

まず、通りそうな青として「そもそも死んでいない。死んだふりである」というものがある。
EP5でも死体でない者を死体と言ってはいけないということにはなってはいなかったというロノウェの台詞が有る。
自分一人で死んだふりをするのだから、他殺でも自殺でもなく、事故死でもない。

嘉音はもともと存在しないということになれば、だれかが嘉音に変装しているということ
こちらもその人物が死んだふりを行っているということなので、意味としてはさほど変わらない。
変装している人物は当ブログでは、その後に殺人を行っている紗音とする。


EP2 第二の晩
朱志香の部屋にて、嘉音は死亡。死体は部屋に残っていない。第一発見者は戦人、譲治、真里亞、楼座、源次、紗音、熊沢、南條。

青字を撃つとしたら、やはり
「そもそも死んでいない。ここで死んだふりをして誰かに移動された」
「死んだという事にして、自分で移動してどこかに隠れている」
「他殺により死亡。死体はどこかに移動してある」

が通りそうである。紗音と源次は金蔵に会っていると言っていたが、全EPで金蔵は死亡しているため、アリバイ工作でこの殺人と移動の作業をやっていたということになる。

嘉音はそもそも存在しないということになれば、死体が無いためますます話は簡単で、嘉音として登場しないだけで筋は通る

その後、嘉音が現れたという描写がされるが、嘉音が存在する場合でも、そうでない場合でも、嘉音が現れたという事自体が嘘で問題ない。

EP3 第一の晩
連鎖密室の一部として、嘉音は礼拝堂で死亡。傍らに客室の鍵。

 他殺の復唱拒否については赤字が提出されていないので、
「紗音が射殺した後、礼拝堂の鍵を持って施錠した」
がまず提出出来る。他の共犯者が射殺した場合でも同様である。
 今回は死体は消えたという描写がないので、他殺の復唱拒否を仮に「他殺では無い」と解釈しても、他のEP同様に、
「そもそも死んでいない。死んだふりをしている。南條の検死は偽り」も提出出来る。

 同一人物の場合は、まず、「紗音として客室死んだふりをして、大人たちの第一発見を終えた後、嘉音として着替えて礼拝堂で死んだふりをする」
 もしくは「紗音として客室で死んだふりをし、嘉音の死体の確認は元々根回しした共犯者のみにさせる」でも可能だが、おそらくそうでない大人たちも確認しているため、最初の案の方が妥当。

EP4 第四の晩から第八の晩
 井戸のある庭にて。嘉音の死体は戦人に発見できなかった。

 別人の場合は「紗音が殺害した後井戸に捨てた」

 同一人物の場合は、特に何もない。生存者に嘉音は死んだ事にしろというだけ。言う事を聞かない場合は、銃をつきつけて脅迫する。
 
 以上のように、EP4までの情報では、別人でも解釈が可能である。
別人説としての根拠は紗音、嘉音のそれぞれが人数に数えられている事。同一人物の根拠としては戦人の前に紗音、嘉音の二人が同時に現れない事が大きく揚げられる。????によれば、ベアトリーチェは「最後の謎を出すために両腕を突き出したとき、右腕だけ下ろした」とのことで、この心臓の一部の謎がこれに該当すると推測する。
 
 出題編の結論としては、紗音と嘉音は「別人であり、同一人物でもどちらでも解釈可能」ということであるが、より詳細な考察については、EP6にまとめたい。
スポンサーサイト

EP3補足 絵羽の心情とその後について

■絵羽の心情

ブログの読者の方から、EP3での自分の家族を殺害された際の絵羽の心情に共感出来ないという感想を頂いたので、出来るだけ考えてみたい。

第二の晩
 まず、楼座と真里亞の殺害だが、この時点で絵羽に充分に殺意が有った訳ではなく、交渉に行ったのかもしれない。
「こういう事情で紗音に協力しなくてはならない。死んだふりをしてくれないか。南條先生が検死をする事になると思うので、口裏を合わせておけば問題ない」ところが口論から殺人に発展してしまい、一緒にいた真里亞も殺してしまい、第二の晩ということに結果的になる。
 漫画版の絵羽は楼座、真里亞の検死時に予想外の事態に半ば錯乱した表情であり、戦人もそれを見ている。

第四の晩、第五の晩、第六の晩
 続いて、屋敷のホールで留弗夫、霧江、秀吉が死亡する。
 絵羽はこのときホールでの出来事を知らず、EP3の記事にもあったように南條と共犯関係を結んでいる最中である。
 なかば現実とは思えなかった殺人計画であるが、本当に起こっており、使用人も死んだふりでなく本当に死んでいる。
 ここで爆発事故や九羽鳥庵への相談などを行い、共犯成立の証として同時に蔵臼と夏妃の殺害を行う訳だが、ここで自分と南條だけでなく、できるだけ多くの人間を生きたままそれぞれの家に返したいと考えていたのかもしれない。
 絵羽は自己顕示欲が強い人間だと描写されるが、同時に家族愛の強い人間だとも描写されており、特に少女時代と結婚してからでは、その性格は人が変わったようにも感じ取れる。決して、自分や自分の家族だけ助かればいいとは考えないはずである。
 そして、他のEPではよく登場した魔女の手紙もEP3では真里亞が夕飯の時に読み上げたもの以外は登場しないことからも、共犯関係はこの時点で解除する気持ちが絵羽にあったことは間違いない。

第九の晩以降(譲治の死)
 しかし、同時に紗音に対してこの時点でどのような対処を取るかは想像の域を超える情報はない。
 絵羽が扉にかかれた数字をメモしていることから、絵羽が紗音に共犯関係の解除を申し立て、紗音がそれを受理したと当ブログでは推測する。
 夫が死んでいるにも関わらず、カネがやはり必要だった事は事実であること、殺人を犯してしまった事を隠したい気持ちもあったと取れる。

 譲治を死体を見た絵羽は、南條のから聞いた情報から推測して紗代が譲治を殺したと人目でわかったはずである。
 そのあとすぐ、朱志香から「お前が犯人だ」と喧嘩を吹っかけられ、口論の結果、暴発し失明させてしまう。
この状況にも関わらず、朱志香を振り切らないで対応した事、それは現実を受け入れられなかったから。暴発し、楼座のときのように結果的に暴力を行使してしまったこと、そして子供にそれを糾弾され、絵羽の精神の善意の部分は相当のダメージを受けたと思われる。
 推測であるが、仮にここで譲治がなにより大切だとしたら、怒りのあまり息子を殺して死んだふりを続けている人間に対して、朱志香に犯人呼ばわりされても、共犯者だと戦人たちに知られてしまっても、死んだふりをしている紗音こと紗代に食ってかかったはずである。それをしなかったということと、家族が殺されたのは堪え難い悲しみであっても、やっぱりカネは必要だったということを絵羽の心理の結論としたい。

 朱志香と口論により、失明させてしまった絵羽は部屋を退出するが、これは一端頭を冷やして、朱志香と戦人への対応の仕方を考えるため。
 しかし、移動した所でべつの部屋で紗代が南條を殺害した。聴こえた銃声から、戦人に犯人だと再度糾弾された絵羽は、最終的には口封じのため戦人を殺害してしまう。
 その後は朱志香を殺害し、紗代に事情を問いつめるも、爆弾の解除方法はわからず、紗代はおそらくここに残ると言い残して、絵羽と別れたと思われる。そして、絵羽は南條に聞いていたルートから九羽鳥庵に至り、爆発事故を逃れ、生還する。

時系列的には
・紗代、譲治殺害(客室)
 ↓
・絵羽、数字をメモ(客室前)
 ↓
・絵羽、譲治の死を確認(客室)
 ↓
・絵羽、錯乱。朱志香と口論の後発砲(客室)
 ↓
・朱志香失明。南條に手当をされた後、客室に移動
 ↓
・紗代、南條殺害(客室以外。推測では廊下)
 ↓
・絵羽、戦人殺害(客室以外の部屋)
 ↓
・絵羽、紗代と口論。紗代は譲治殺害を認める。爆弾の解除方法を教えない(どこでもOK)
 ↓
・絵羽、紗代殺害(どこでもOK)


■絵羽のその後について

 九羽鳥庵に至って爆発事故を逃れた絵羽。
 EP4で語られた98年世界の情報と、EP4での情報などを照らし合わせてみたい。

 EP3では「生還者はただ一人、右代宮絵羽」とある。
ここからはEP4の考察になるのだが、EP3の考察にもEP4の「六軒島爆発事故を逃れた絵羽は、九羽鳥庵で発見された」とあり、この情報を元にいくつかの考察を行っている。どれだけの情報を結びつけて考えていいのか真偽が定かではないが、結びつける事が出来るという前提のもと、考察をする。

 結びつきそうな情報を列挙する。
・98年世界で、86年の六軒島の出来事は爆発事故とされており、絵羽はただ一人の生還者である。
・98年世界で、絵羽は九羽鳥庵で発見されたとされている。
・98年世界で、九羽鳥庵は右代宮本邸から2km離れている。絵羽はそこでただ一人発見された。
・98年世界で、唯一生還した絵羽に隠し黄金を含む右代宮家のほぼ全財産が舞い込んだ。絵羽はその財産を使って手段を選ばず利殖を繰り返した。
・98年世界で、小此木の推測。「金蔵は蔵臼よりも勤勉で優秀な絵羽に自分の家督を継がせたいという意志があり、蔵臼を越えて絵羽に家督を継がせたいという建前を探していた。そこで碑文の謎を作り、謎を解いた者に家督を与えるというルールを作った。そして、本当に家督を継がせたい者を隠し屋敷の九羽鳥庵に呼び出し謎の答えを与えた」
・EP4のゲーム盤にて、九羽鳥庵には地下室があり、その地下室は地下道が有る。その地下道は右代宮本邸の近くに出る見立て井戸に続いている。
・EP4のゲーム盤にて、九羽鳥庵の地下道についての南條の台詞「普段は別の場所から階段で上がれるのです、鍵さえ開けば…」

 おそらく、98年世界とEP3のラストは絵羽生還部分の情報のみ共通している。
まず、絵羽が生き残った理由については、当ブログでは碑文の謎を解いたからとはしていない。
偶然、爆弾の事を知り、偶然九羽鳥庵への道を知ったからである。しかし、小此木が語っているように、そのニュース等を見た人物が絵羽が碑文の謎を解いたから生き残ったと解釈してもおかしくない。98年、EP3において、絵羽が碑文の謎を解いたという証拠は無いのである。
そして、98年世界の情報から黄金を含む全財産を得たとあるが、EP3の情報をベースに考えると、黄金は爆発で吹き飛んでしまったと思われるので、EP3、EP7の情報を統合すると、キャッシュカードに入っていた10億のみということになる。こちらも真相は定かではない。
南條の言う九羽鳥庵の地下道から続いている部屋が黄金部屋である可能性がある。EP3とEP4の情報を統括すると、黄金部屋は地下に有り、地下道があり、その道が九羽鳥庵に続いている可能性がある。
総合訪問者数
プロフィール

梅沢 菜摘

Author:梅沢 菜摘
ツイッターでの考察などをまとめてます。リンクは自由ですが、無断転載はご遠慮願います。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。