スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこの現実世界の出来事

 本ブログでのうみねこ現実世界の出来事を時系列順に並べる。
可能性が一つでなく並列するものについては、本ブログが選んだ以外のものを青字で記載する。また、劇中に描写がなく、推測に基づくものも同様に青字で記載する。


・金蔵、戦時中に六軒島にてベアトリーチェ・カスティリオーニ(以下ビーチェ)と出会う。日本軍とイタリア軍の間で黄金を巡る殺し合いが発生し、金蔵とビーチェのみ生存する。(EP7準拠)※イタリア軍に奇襲にあったという金蔵が被害者的解釈と、金蔵が計略を仕掛けた金蔵が加害者的解釈が並列する。(EP7準拠)
   ↓
・ビーチェ、イタリアに帰らず、金蔵の愛人となる。(EP7準拠)
   ↓
・金蔵とビーチェの間に女児(以下、九羽鳥庵ベアト)が出来る。彼女は六軒島にある右代宮家本宅とは別の九羽鳥庵にて生活する。(EP7、EP3準拠)
   ↓
・ビーチェは死亡後、金蔵は九羽鳥庵ベアトをビーチェの生まれ変わりだと信じ、関係を持ち子どもを作ってしまう。(EP7、EP3準拠)
   ↓
・九羽鳥庵ベアトは娘が赤ん坊のうちに六軒島内で死亡してしまう(EP3,EP7準拠)
   ↓
・九羽鳥庵ベアトの娘は福音の家で幼少期(推定小学校就学前後)を過ごす。その時に与えれた苗字は「安田」名は不明だが、本ブログでは紗音の本名から「安田紗代」とする。(EP2,EP7準拠)
   ↓
・九羽鳥庵ベアトの娘、源次の計らいによって異例の若さで右代宮家の使用人になる。使用人としての名前「紗音」を得る。使用人仲間の先輩から、苗字をもじった「ヤス」というニックネームを付けられる。(以下、九羽鳥庵ベアトの娘をヤスと表記)(EP7)
   ↓
・ヤス、六軒島の魔女ベアトリーチェの伝説を知る。使用人としての生活の中で、自身が魔女ベアトリーチェと認識するようになるが、他人に対して特に名乗ったりはしない。(EP7)
   ↓
・ヤス、使用人生活を続けながら、親族会議の度に会う金蔵の孫たちと交友を深める。特に戦人と趣味のミステリー(読書)を通じて親密になり、将来の約束をする。(EP7)
   ↓
・戦人、母親・明日夢の死、父親・留弗夫の再婚騒動により右代宮家から籍を外す事を決意。これより親族会議に出席しなくなる。戦人との約束が果たされないヤスは、恋の芽をイマジナリーフレンドの魔女ベアトリーチェに移して、新しい恋を探す。ヤスの心を慰める事を目的に、イマジナリーフレンド「嘉音」が誕生する。(EP7)
   ↓
・ヤス、譲治と交際を始める。(EP7)
・ヤス、真里亞と交流を深める。物をなくす魔女は、悪魔ガァプとしての名前を得て設定変更される。(EP7)

※この一括りの項目は順番を作中の情報から特定することが出来ない。
   ↓
・ヤス、碑文の謎を解き、10トンの黄金、爆弾、右代宮家当主の資格を得る。自身の出生の秘密を知り、金蔵が与える予定だった名前「理御」「三代目ベアトリーチェ」としての名前を得る。(EP7)
   ↓
・ヤス、自身が「恋もできない体」であると知る(EP7)※原因は崖から突き落とされたから?(EP5)金蔵の娘で会った場合、戦人、譲治、朱志香とは叔母と甥、もしくは姪の関係になる、でも説明可能(本ブログではこの考えを採用)。また、「恋もできない体」という曖昧な表現である以上、他の事項の可能性も存在する。
   ↓
・1986年10月4日~5日事件のあった親族会議が行われる。碑文の謎は親たちによって解かれ、その後ふとしたことから親族通し殺し合いに発展する。6日未明、六軒島は爆発する。(EP7)
   ↓
・6日に絵羽は九羽鳥庵に避難し、生存。(EP3,EP4,EP7,EP8)
・同じく6日、戦人、ヤスも地下貴賓室に逃れ生存。二人はボートに乗って六軒島を脱出しようとするも、ヤスはボートから飛び降りて入水自殺する。(EP3,EP4,EP7,EP8)※ベアトリーチェが飛び降りていること、戦人もベアトリーチェを追って海に沈んでいることから、別の解釈も可能。
   ↓
・戦人は生き残るも記憶を失い、その後回復しても右代宮戦人の記憶が自身のものとは思えないという障害になる。(以下、後天的な記憶喪失後の戦人を劇中の描写に従い十八とする)(EP8)
・十八は八城幾子によって保護される(EP8)
・ヤスの投じたボトルメールが漁師の手によって発見される。後に、最初に発見されたものと全く違う内容のボトルメールがもう一本発見される。(EP4)
・インターネットの普及が進む。「新たなボトルメールが発見されました」という体裁で、様々な人物が記した1986年10月4日から5日の碑文殺人の小説(以下、偽書)がネット上に公開される。(EP6,EP8)
・1998年、右代宮縁寿死亡。(EP3,EP4,EP6,EP8)
・伊藤幾九郎◯七五六が偽書Banquet,Alliance,Endをネット上に公開する。(EP6)

※この一括りの項目は順番を作中の情報から特定することが出来ない。
   ↓
・縁寿は伊藤幾九朗◯七五六というペンネームから作家の八城十八にあたりをつけ、面会の申請もするも、先方には断られた。(EP8)※EP6では縁寿は八城十八という女性作家と面会を果たしている。
   ↓
・伊藤幾九郎◯七五六が偽書Dawnをネット上に公開する。(全EPから考察の上の推測)※EP6の縁寿が八城十八の家でこの小説を読んだ記述から、公開されていない可能性も考えられる
   ↓
伊藤幾九郎◯七五六が元々の作家としてのペンネーム・八城十八でRequiem,twilightの内容を含めた内容をネット以外の方法で公開する。(全EPからの考察の上の推測)

※寿ゆかりと十八の邂逅は作中の最新の時間軸の中では、まだ起こっていないこととする。
スポンサーサイト
総合訪問者数
プロフィール

梅沢 菜摘

Author:梅沢 菜摘
ツイッターでの考察などをまとめてます。リンクは自由ですが、無断転載はご遠慮願います。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。