スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽書作家テスト EP7

1.ベアトリーチェ殺人事件の犯人(=彼女を生み出した人間)は?
 紗音。理由はEP4からEP6の戦人と紗音に関する部分の考察を参考にしてほしい。EP7よりヤスという人物が登場した。これにより、今まで描かれていた紗音という人物も「ヤスが自分自身をモデルにした小説の登場人物」である可能性が示唆された。冒頭のウィラードの使用人を犯人であることを禁ずの赤字への反証を考えると、この部分はより強調されると言える。
 以上より、今までの登場人物であれば紗音であるが、より厳密にいうならヤスまたはEP7より登場した紗音の苗字、安田と合わせて安田紗代ということになる。

2.「戦人が1986年の六軒島に来なければ事件は起こらなかった」のはなぜ?
 EP7の文脈通りに解釈して、「あと一年遅ければ、すでに譲治と結婚または婚約して島を出ており、また一年早ければ戦人との恋愛に関してじっくり考える時間があった」ということになる。

3.戦人からの紗音への手紙は本当になかった?(譲治が隠蔽したという説はあり得る?)
 本当になかった。EP4のバルコニーでのベアトリーチェと戦人の対面を見る限り、戦人にとってこの6年間というのは留弗夫の再婚に対する気持ちの整理の時間で一杯で、恋愛の事など考えていなかったように思う。
 しかし、EP1から4までの紗音と譲治の婚約を知った時の戦人の反応は完全に動揺を隠しているようであり、EP5の????では「(早く告白しないと)他の男に取られてしまうこともある。俺の初恋もそんな感じだったさ」とも語っており、紗音に対する恋愛感情はあるように思われる。

4.ヤスが1986年の六軒島で行おうとした計画とは?
 前述のボトルメール考察より、本気でEP1もしくはEP2もしくは未発見のそれに類推するエピソードを元にした、六軒島を舞台にした碑文殺人。

※別解
 あくまでこれまでのエピソードを元にした狂言殺人という考え方もできるが、考察の結果、こちらの説は本ブログでは不採用とする。

5.ヤス、紗音、嘉音、理御、ベアトリーチェ、クレル、それぞれの関係は?
 ヤスというのが安田紗代のことであり、いままでの物語でいうと紗音ということになる。
 紗音、嘉音、ベアトリーチェは紗代が考えた小説の登場人物であるが、それぞれの役割を以下に示す。紗音は紗代に職業も立場も性格も近い人物であり最終的に戦人に犯人だと言い当ててほしいという役割を持つ。嘉音は紗音を補佐する役割である。紗音を達観し完璧に見せるという意図が(作者の紗代)にあったため、嘉音は若く短気で迷っているという性格に設定されている。トリック的にも戦人の前に紗音と同時に姿を表さない、死体が消える。幻想描写的にも"お館様のハンドメイドの家具”という設定を基軸に手からブレードを出すなど、作者の紗代の物語に幅をもたせる存在。魔女ベアトリーチェは幻想描写の核である。ミステリアスで古風な話し方で性格はきまぐれで残忍といった一般的な魔女のイメージそのものとして設定されている。ベアトリーチェ=紗音=事件の主犯ということこそが最も単純な作者の紗代のテーマ。

 理御はそもそも使用人にならなかった世界の安田紗代のことなので、これまでの物語のルールに反する。ベアトリーチェが作ったゲームでは存在できない。そのためEP7のゲームマスターはベルンカステルだということになる。
 理御のいる世界にはベアトリーチェは存在しない。そのため、クレルという安田紗代の意思を代弁する存在が物語上必要だった。これがクレルという登場人物の役割そのものである。朗読者という設定は「ゲームという形以外で彼女の真意を聞いた」ということを満たす条件だと思われる。

6.ヤスが魔女になってからの2年間に何があったのか?
 碑文の謎を解いてから、元々のミステリー愛好家としての知識を活かして六軒島を舞台にした推理小説を執筆していた。それから、戦人が右代宮家に籍を戻し、六軒島に戻ってくるという情報を聞きつけて、実際に親族会議の日に再現できるように様々な事態をを考えてシナリオの対策を考え、共犯者への連絡などの様々な準備を行った。

7.「幻は幻に。……黄金の真実が、幻の錠を閉ざす。」の黄金の真実とは?
 そのシーンに登場する全員が信じた嘘、もしくは不確定な事柄。

8.お茶会で描かれた次男夫妻による殺人の真相は?
 絵羽の日記、「一なる真実の書」に抱えれていた内容。
これはすべて真実…というベルンカステルの赤字は、日記を読んだ縁寿が真実だと信じてしまったことによる。また、98年世界で一番、真実に近い証拠だという考え方もできる。

9.クレルのはらわたで描写されたシーンの真相は?
 実際に安田紗代の証言、日記など本人からの言葉を物語にしたもの。

10.ウィルの二十の楔がベルンカステルに通用しなかった理由は?
 絵羽の日記帳は推理小説ではないので、推理小説のルールであるヴァン・ダイン二十則は通じないため。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

総合訪問者数
プロフィール

梅沢 菜摘

Author:梅沢 菜摘
ツイッターでの考察などをまとめてます。リンクは自由ですが、無断転載はご遠慮願います。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。