スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルールXYZ考察

 EP7の考察が終わったタイミングで、ルールXYZについて考察する。

ルールX「物語が常に6月20日から始まるようなもの。恐らくこれが、ベアトリーチェなる魔女の心臓部」
 6月20日は前作「ひぐらしのなく頃に」での富竹ジロウの死であり、これにより犯人によりオヤシロサマの祟りという見立て殺人が行われる。「皆殺し編」ではこのイベントを発生させてしまうと、主人公側はどんなに善戦しても惨劇の回避が出来ず、「祭囃し編」では6月20日からこのイベントを発生させないように手を打っておくことが勝利の鍵となった。このことから考えると、常に6月20日から始まるということは、惨劇が始める前に手を打つことは主人公側に許されていないということになる。
 単純にいうと、碑文の謎を解いたことで得た200億円の黄金をもとに殺人事件の準備を整えており、主人公・右代宮戦人が島に着いたあとクローズド・サークルを形成する。それ以前に事件に干渉することは許されていない。 黄金の魔女たる所以である。

ルールY「ラムダデルタも触れていたようだけど、彼女の域には到底及んでいない。このルールYこそが、魔女ベアトリーチェの存在そのものではないかと見ているの」
 ラムダデルタは数字の3と4を表す。つまり、前作「ひぐらしのなく頃に」の真犯人の鷹野三四のことをここではいっていることと思われる。彼女は前作で古手梨花を殺したあと私兵に雛見沢村に毒ガスを巻く指示をだし、村民全員を殺害した。これで現地で当日について証言する人物は一人もいなくなり、彼女なりのオヤシロさまを復活させようとした。
 ということから、爆弾を爆発することにより、人物の証言のみならず、事件当日の六軒島のすべてを検証不可能にすること。

ルールZ「ぐにゃぐにゃと常に形を変える不定形の迷路とでも言えばいいのか。不定形なるものがルールであるなんて、私の知る常識を超えている」
 
 これは、爆発事故の後に発見された二本のボトルメールを基軸にしている。当初、一本のボトルメールだったため、この内容が当日六軒島で行われたとされているが、もう一本発見されたため、当日何が起こったから推測がさらに難しくなった。この状況そのものが猫箱の形成であり、無限の魔女たる所以である。
 つまり、EPごとの設定と、全EP共通の設定があるということ。EPごとに変わる共犯者、EP1とEP2で違うマスターキーの数。EP3から登場する、隠れ屋敷の九羽鳥庵、特定のEPにしか適応されない赤き真実もあり、そしてそれらがEPごとの設定なのか共通の設定なのかはゲームマスター側に説明する義務はない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

総合訪問者数
プロフィール

梅沢 菜摘

Author:梅沢 菜摘
ツイッターでの考察などをまとめてます。リンクは自由ですが、無断転載はご遠慮願います。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。