スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Honeymoon of golden witch 〜東京ばな奈編〜その5

理御、クレル、紗音、嘉音。これで4人からの手紙が集まった。妾もせっかくだから、お祖母様に手紙を書いてみようかな。
 みんながどういう書式で書いているか知らないけど、お祖母様は英語が出来るはずだから、英語で書いてみることにする。

Dear grandmother.
Hello, I am your grandchild’s.
My name is Beatrice. It is called golden witch, and infinite witch.
(親愛なるお祖母様へ。私はあなたの孫の、黄金と無限の魔女、ベアトリーチェと申します)
 
 えーっと……お祖母様は妾たちのこと全く知らないわけだから、この複雑な事情から説明したほうがいいのかどうか迷う……。書き方のフォーマットのようなものを指定して置いたほうがよかっただろうか。これはひょっとしたら、誰の手紙をどの順番で読むかで印象が変わってしまう、名作・「瓶詰地獄」のような状況が産まれてしまったのでは……。
 ちらりと集めてきた手紙の封を開けてしまおうかという思いがよぎる。特に紗音と嘉音の手紙が気になる。特に嘉音。あいつ、何!?朱志香と同棲しておるのか……!けしからんヤツ……。理御も理御で、あいつも同棲してるではないか。結婚している自分が言うのもなんだけど、同棲ってなんだか響きがエロい……。 
 ……いや、手紙の封を開けるのは絶対にダメだ。そんなこと……理由を考えるまでもなく、出来るわけがない。
 とにかく、自分のことを書こう。

My occupation is a lady of the manor of El Dorado.
My husband’s name is Battler Ushiromiya.
He is often said to be similar to Kinzo.
He is a wonderful man and I am proud of him.
We got married because we shared a common hobby of reading detective stories.
(私の職業は黄金郷の領主夫人で、私の夫は右代宮戦人といいます。彼は金蔵に似ているとよく言われます。彼はとても素敵な男性で、私の自慢の夫です。私達が結婚したのは、推理小説を読むという共通の趣味があったからです)

 
We visited one of the zoos in Tokyo for a honeymoon.
I heard that it was a dream of my mother to do so.
Since I had heard that from my husband, I thought that I would like to visit it at all rates.
(私達は、新婚旅行に東京の動物園に行きました。私のお母さんが、東京の動物園に行くのが夢だったそうです。私は夫からそう聞いていたので、ぜひ、行ってみたいと思いました)

I cannot get out of El Dorado.
Therefore, I thought that it was impossible to go to the zoo.
However, when I told my husband, he said that there was a way of going there.
(私は、黄金郷から出ることが出来ません。だから、動物園に行くことは出来ないと思っていました。しかし、夫にそれを話すと、行く方法があるというのです)

He had a disciple who was a witch in this world.
(夫は現世に魔女の弟子を持っていました)

When the boundary of this world and the other world gets ambiguous,
I can come to this world through the disciple.
(あの世とこの世の境界が曖昧になるとき、私は弟子を通して、現世に行くことが出来るのです)

It happened on October 4.
I was confused because everything was unfamiliar to me.
I am a witch.
It took a lot of courage for me to go to the human's world.
(それが10月4日のことです。私には全てが不慣れなことばかりで、困惑しました。私は魔女です。ニンゲンの世界に行くことは、とても勇気の居ることでした)

I wondered -- to go or not to go.
(私は迷いました。行くべきか、行かざるべきか)

Battler is too wonderful a man for me.
I know that he lowered his reputation in the world of humans because he had married me,
because I had heard humans of the future world say that I was crazy.
(戦人は私には勿体無い、素敵な男性です。彼が私と結婚したことで、ニンゲンの世界で、その評価を下げていることを、私は知っています。未来の世界のニンゲンが、私を頭のおかしい人だと言っているのを聞いたことがあったからです)

I said to him,"I have been happy to have spent time with you so far.
I have been happy to be able to come here.
You have given happiness more than enough for me. Please remain in this world.
You don't have to be with me any longer."
(私は彼に言いました。「私は今まであなたと過ごせて幸せでした。私はここに来ることが出来て幸せでした。あなたは私に十分過ぎるほどの幸せを与えてくれた。あなたは現世に留まってください。これ以上、私と一緒にいる必要はありません」)

He said, "I love you. Other people, even you, cannot change my mind."
(彼は私に言いました。「私はあなたを愛しています。他の人や、あなたでさえ、私の心を変えることは出来ません」)

I said,"I love you, too. You do not have to worry about what happened in the past.
Rather than that, please make me happier and make me feel that I am a special [lady] for you."
(私は彼に言いました「私もあなたを愛しています。あなたは過去にあったことを気に病む必要はありません。そんなことよりも、私をもっと幸せにしてください。そして、私があなたにとって特別な女性だと感じさせてください」)

 自分で書いててなんだけど、妾たちってこんなにカッコイイ会話してたっけ……。
 あー、ヤバイ……。思い出してきた……。本当に、あの日は、夢みたいだったな……。一週間くらい、ずっとフワフワしてたもんな。
 言葉遣いも、二人でいるときは楽にしていい、って言われてるけど……。
 手紙はもう十分でしょ。ちゅーのことは書きませんっ!どうせどこも似たようなことやってんだよ!お祖母様だって何通も似たようなの読んでたら疲れるよな……?
 戦人さん。あの日のあなた、本当に素敵でしたよ。カッコ良かったです……。その……、あなたも私と同じように、私に夢中なんですね。あなたとキスした瞬間、体が熱くなって、黄金の蝶になって、消えて無くなっちゃうかと思いました……。何度もしてますけどね、えへへ……。
 次の一文で締める。というか、ぶっちゃけると、早く終らせて妄想したいです……。

I realized that our love has already been completed. I did not need to doubt it.
(私は実感しました。私達の愛は既に完成されています。私は、それを疑う必要はなかったのです)

Sincerely,
(ここで手紙は終わり)

 こんな感じでいいかな……?
 戦人さん、そろそろ帰ってくる時間かな。その前に、この手紙は封をしておかないと……。旅行、楽しみですね。ニンゲンの世界に行くのは、やっぱり少し緊張するけど、今度はもう少し、頑張って色々と楽しくお話しようと思います。
 

(パリーン!)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

総合訪問者数
プロフィール

梅沢 菜摘

Author:梅沢 菜摘
ツイッターでの考察などをまとめてます。リンクは自由ですが、無断転載はご遠慮願います。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。